【950日目】引き続き「NAFL日本語教師養成プログラム講座」教材粘ってレンタル中。

新型コロナウイルスによる肺炎の感染が蔓延し始めてきて、インフルエンザみたいにそのうち、大流行とかしてかかる人の方が多くなるんじゃ?

という心配な今日このごろ。

参加したくてもなかなか当選しないらしい「東京マラソン」が一般人の参加が中止になったり、イベントやコンサートなどが取りやめになったり…

このまま7月に迫っているオリンピックももしや中止に?なんて心配もしたり。

日本で開催されるオリンピックは今回で2度目ですが、実は最初に誘致できたオリンピックも一度は返上してるんですよね!開催されていれば1940年、アジア最初のオリンピックになるはずでした。

まさか2回目も…?

まあ、なるようにしかならないので、私たちは自分の生活ややることを粛々とこなしていくだけですが。

というわけで、「1か月程度目安」ということでレンタルさせてもらっている(もう1か月はぶっちぎった)、「NAFL日本語教師養成プログラム」をもうちょっと見させてもらって、

・試験内容はどんなか?

・一発合格するために勉強はどう進めればいいか

を探っていきたいと思います。

なにしろ初めて受ける(つもりの)試験なので、どんな範囲からどのような形態で問題が出されるのかなどちっとも分かりませんので!

NAFL日本語教師養成プログラムの標準学習時間は3~12か月

試験が10月なので、1年かけようと思ったら今からじゃもう遅い。

範囲も内容も全然知らない試験を受けるのに、3か月はナメすぎ。1日中この試験にかける時間があれば別だけど、今の生活スタイルだとそれはムリ。

というわけで、私は半年を目安に受験勉強を開始したいと思います。つまり4月までにスタートすると。そして9月までには終わらせて、直前はひたすら過去問かな。

うっすら立てたプランによると。

f:id:hawotaisetuni:20200119190225j:plain

しかしこの量であります。テキスト24冊はユニットに分かれているので、どこから始めてもよさそう。

でも私はA型の特性上、こういうのは1冊目から始めていきたい。

f:id:hawotaisetuni:20200218184448j:plain

基本テキスト学習ですが、CDもついています。

テキストは出題範囲に準拠しており、当然ながら毎年きっちり見直しているとのこと。

現在は「合格パック2020」が発売中。

→ 【2020/3/23まで3%OFF】「日本語教育能力検定試験 合格パック2020」

f:id:hawotaisetuni:20200218184610j:plain

テキストに「CD」と書いてあるところに対応しているもよう。

f:id:hawotaisetuni:20200218184645j:plain

テキストに対応しているけれど、全範囲ではなく、音で聞いた方が分かりやすいところがCDになっているらしい。

そして「日本語教育能力検定」にはリスニング試験というか、「音声・視聴分野」の試験もあるのです!

だから発声や聴解を理解しないといけないんですね。

それで教材にCDがついているんですね!

さすがにこればっかりは、テキスト読んでいるだけだと理解できるかどうか自信がない。

そもそも自分の国の言葉を、自分の国の言葉で教えるのに、そんな小難しいことある?と正直思う部分もあったのですが、イントネーションとか語尾の上げ下げとか、言葉で説明するのは確かに難しいのもあるかも。

f:id:hawotaisetuni:20200218191125j:plain

実際に授業風景が見られるDVDもついています!

f:id:hawotaisetuni:20200218191317j:plain

対策問題集と模擬テストももちろん「音声・視聴」があるので、CDの解説付き。

f:id:hawotaisetuni:20200218191456j:plain

f:id:hawotaisetuni:20200218191638j:plain

f:id:hawotaisetuni:20200218191730j:plain

日本語の教え方とか具体的な授業方法のほかに、日本語の音声や接し方などもCDに。

何でもかんでも「やばーい」「マジ」「うざ」としか言えないと、とてもじゃないけど教えるどころか自国語も話せなくなるんじゃないか?

日本語の乱れも心配だけど、それよりもかなり試験範囲は広そう。そしてテキスト学習だけじゃなく、耳も鍛えないといけなさそうなのが心配。

効率的にやるなら、通信教育が迷いがなくて良さそうです。

スマホアプリもあるし講師に質問できたりするし、実力診断テストとか、記述式試験(!)の添削があるのも心強いですね!

修了生特典の「試験まるごと体験」なんて、本試験の予行練習にちょうど良すぎやしませんか?しかも無料??

通信教育の合格率が高い(大学院に続き2位)のも納得の、数々の学習サポートが用意されているんですねー!

あくまでも「やるのは自分」ですが!

→ <検定合格率66.3%>「NAFL日本語教師養成プログラム」

 

【915日目】英会話学習の途中ですが、アルクの「NAFL日本語教師養成プログラム」をレンタルしました。

目標の2020東京オリンピックまで、ほぼあと半年となった今になぜ?!むしろ英会話学習追い込みの時期だろーが!

…と思うかもしれませんが、語学教材のアルクから「NAFL日本語教師養成プログラム講座」の教材一式を貸していただけるチャンスがあり、さっそく申し込みさせていただきました。

アルクといえば「1000時間ヒアリングマラソン 」などで有名ですよね。

→ アルクの通信講座の中身を見る・聞く

 

教材はもらうんじゃないんですよ、借りてるだけですよ。欲しいけど。

しかもレンタル期間は1か月ぽっちなので、このボリュームを全部こなすとか無理です!

そして返すときの返送料は自腹ですよ。

目次

  • NAFL日本語教師養成プログラム教材レンタルの中身
  • まずはコースガイドを確認
  • なぜ唐突に日本語教師養成プログラム教材をレンタル?
  • では日本語教師になるには?
  • で、日本語教育能力検定の試験はいつ?
続きを読む

【897日目】ラスト7か月とちょっとの新年の抱負。

3年前に、3年計画でペラペラになるべくスタートした私の英会話学習。

あんなに余裕があったはずなのに、2年はあっという間に通り過ぎ、ゴールまで残り7か月とちょっとになってしまいました。

ちなみにゴールは東京オリンピックの開会式、2020年7月24日に設定しています。

2020challenge.hatenablog.com

まあ… 正直今の進捗状況で、あと7か月でペラペラになるのか…?

というのは限りなく怪しいですが、まだわからないし!

そもそも1年くらい間サボっていたので、実質2年くらいになってしまいましたが、友達は3か月でペラペラになった実績があるので、私もあきらめません!

(まあ友達は3か月のイギリス留学という思い切った行動をとったのですが)

(私は思い切って留学はできない環境なので、あくまで家で、家庭学習のみでのペラペラを目指しています)

 

というわけで、2020年1月1日の今日、あらためて「諦めないぞ!」という表明を残しておこうと思った次第です。

どんな道も楽ではないです。

勉強だけやっていればよかった学生時代、もっとちゃんとしておけばよかったな~~~と今さら嘆いても時間は戻りません。

家事が… 

仕事が…

猫や家族の世話が…

色んな用事が…

などという言い訳など、誰にしてるの?自分?

せめて自分には言いわけしなくていいように、頑張った!と思えるように、残りの時間積み重ねて行こうと思います!

-PR

 

【186日目】「すらら」薄目で見てみよう。

1文字たりとも、どころか、半角スペースなども違っていたら容赦なくバッテンくらう「すらら」。

AIは融通効かないわ~~~ほんと。だがそこがいいのだ。

結局あやふやで覚えているより、確実に身につくので自分のためになるのだから!

しかし人間は何回も同じような間違いを繰り返すもの…。

私も何度も何度も「すらら」では同じような間違いを繰り返してきました。

いまだにどこが間違っているのか分からないものもありますけどね!

2020challenge.hatenablog.comさて本日は、またしてもミスですよ。

f:id:hawotaisetuni:20191214161240j:plain

彼はレイクサイドシティに住んでいる。

正 He lives in Lakeside City.

誤 He lives in Lakeside Cuty.

一瞬「レイクサイドを間違ったか?」と思い、一文字ずつ確認しましたが…

間違えてるのは「City」の方かーーーい。

小学生でも知っている単語の方かーーーーーーい。

しかも注釈で「※レイクサイドシティ:Lakeside City」って書いてあるじゃんねーーー。

しかし間違いは間違い。

うっかりミスもひょっこりミスも間違いは間違い。

記述式だと、こういうアホな間違いをした時点で失点となるわけですからね~~~

だから見直し、って言う作業が必要なんですね~~~

受験生の皆さん…

気をつけようね…

「すらら」はこちら→  無学年制教材!対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】

-PR-

 

【175日目】「すらら」おなじみのミス♪

すらら」を始めてそれなりに過ぎた月日。

そろそろお試し期間も終わりに近付いております。

せめて中学生部分は終わらせておきたかったのですが、「すらら」は細かく学習単位が区切られていて、しかもしつこく段階を踏んでいくので膨大な量です。

1日5分だけ、なんてペースでやってると全然終わりませんよ?まじめにやったら1ユニット最低10分はかかるし。

ただし学習効果は、やればやっただけ確実にあります。身につきます。

もちろん自発的な学習は必要で、復習もやらないと意味がありません。

私はおとなになってからであったけれど、子供の時に「すらら」があったらやらせてもらいたかった~~~

私には塾に通うより(通ってないけど)、こういうコツコツダンジョンをクリアしていく学習方法の方が合っているので、たぶん「趣味」になったかもしれない。

まあそれはそれとして。

f:id:hawotaisetuni:20191124171120j:plain

「スミス先生は私たちに英語を教える。」

正 Ms.Smith teaches us English.

誤 Mr.Smith teaches us English.

パッと見また「どこが間違ってんだよう!また半角スペースかよう」と思いました。

しかし1文字ずつよおおおく見てみると…

f:id:hawotaisetuni:20191124171503j:plain

スミス先生!!

性別指定アリ(Ms.)だったーーー!!

…そもそもなんで自分は堂々と「Mr.」にしたのか。

それと、もし「Ms.」で回答していても、正解文の「Ms.」と「Smith」の間に微妙にスペースがあいているので、結局間違いにされていたかも知れない。

でも人間なら、学校のテストで先生が手動で採点してたら…

 

正解にしてくれましたよね?

-PR-

 

【173日目】「すらら」でやまないうっかりと純粋な間違い。要するにどっちも間違い。

すらら」とは、ゲーム感覚で学習できる対話型アニメーション教材です。

私は英会話学習のため英語しか利用しませんでしたが、英語・算数(数学)・国語の3教科を1か月の受講料で学習できます。

「英語の教材で英会話学習なんてできるの~?」

と思うでしょうが、「すらら」はできるんです!

なにしろ単語・英文の発音が分かるのが大きいです。

テキストだけの学習法だと、どうしてもネイティブの発音というのが分かりません。

単語は知っていても、正しく発音できないと会話が成立しませんよね。

そしてABCから始めたころから学習が進むにつれ、だんだん問題も難しくなってきます。

f:id:hawotaisetuni:20191110000028j:plain

彼はゆっくりと朝食を食べた。

正 He ate(had) breakfast slowly.

 He ate breakfast slowly..

(had)がないから間違いになっているのではないですよ~~~

He ate breakfast slowly..

色を変えてみたのですがお判りでしょうか?

そう… 何度も繰り返すうっかりパターンのうち

・枠外にあるものを枠内にも付け加えてしまう

バージョンです。

この文末の点ひとつでスパーーーーンと間違いになります。

何度も言ってますが、AIに「おまけ」はありません。

完全に正解か それ以外か。 二択です。

f:id:hawotaisetuni:20191110001144j:plain

彼女は上手に人形を作る。

正 She makes a doll(dolls) well

 She makes doll well

これはうっかりミスというより、純粋なミスです。

つまり「上手に人形を作る」のは1個なのか複数なのか?

想定1個なら「She makes a doll well」だし

想定いくつもなら「She makes dolls well」。

私の解答はどっちにしろ数的な間違いなんですね~~~

f:id:hawotaisetuni:20191110002108j:plain

これ、パッと見た感じ意味が分からないかもしれませんが、四角のどこかにyesterdayYesterdayを入れて、2通りの文を作れ、というもの。

バツがついているのがstudiedの上ですが、studiedが間違っているわけではありません。

正解回答は

Tom studied hard yesterday.

Yesterday Tom studied hard.

の二通りなので、一見私の解答はあっているように見えるのですが…

文末に来るyesterdayをYesterdayにして、文頭に来るYesterdayをyesterdayにしている、というアホウな間違いを犯しているんですね~~~

バカなの??

ほんとに中学3年・高校3年・大学2年の、合計8年も英語を学校で学んだの??

と思われても仕方がない…これもうっかりミス。

人間はうっかりすることあるよ~~~

とは自分で言えないくらい、あんまりにもたびたびミスってるわたくしでした。

-PR-

 

【172日目】「すらら」こういうのをケアレスミスといいます。

e-ラーニングの「すらら」。

AI相手なのでちょっとのごまかしやミスが全く通用しない、というのは今まで何度も書いてきました。

英文も英単語も、1文字のスペルミスも許されないのは当然、半角スペース ですらも容赦ありません。

クエスチョンマークの前、とか

Mr.のうしろ、とか

未だにどこが間違っているのか分からないバッテンもあります。

2020challenge.hatenablog.com「すらら」を受講していたのはお試しだったので、なんとか期間内に中学校レベルはクリアしたかったのですが、内容がぶ厚すぎてなかなか難しい っていうか無理でした!

それだけ「分かるまでやる」ことができる教材であります。

さてすらら体験のこの当時は2017年から2018年になったころでした。

東京オリンピック開会式までの3年間を使って、なんとか英会話を習得しようと順番に教材を試していっています。

3年計画なのにいつの間にかもう1年切りましたよ。(正直1年ダラダラサボってしまった期間もアリ)

現在は2019年10月ですが…まだペラペラになってませんよ。

f:id:hawotaisetuni:20191023181244j:plain

これは中間テストなら〇

くれる回答ではないでしょうか?人間が採点しているならば。

しかーーーし!

AIは甘くありませんよ!この通り!!

回答蘭の中には「回答」しか書いちゃいけないんだぜ!

「?」は回答蘭の外にすでに準備されているから、回答蘭にも書いたら文末が「??」ってなっちゃうんだぜ!

SNSとかブログとかならありなんだぜ… ダブルクエスチョンマーク…

いくら焦ってても、簡単な問題でも、このような罠(?)が仕掛けられていることは、この先の人生いくらでもあると思います。

一生を左右する(かもしれない)場に置いて、ケアレスミスは絶対避けたいですね…

-PR-