【131日】「すらら」はこのまま学習塾でも使われている教材らしい

学習塾も色々ありますが、学校のように授業を受けるタイプと個別学習タイプ、個別学習でも先生がつく家庭教師タイプと自習タイプがありますね。

私自信は、受験対策でも塾には数か月通っただけでやめてしまった、ほぼ「自力・自宅学習」型でした。

「進研ゼミ」もやっていた…というか月々届いていたけど、とりあえず封筒から出すだけで未読積読(つんどく)でしたね!今考えるともったいなさ過ぎる。

とりあえず封筒から出していたのは、親に「やってるよ~~~♪~(´ε` )」アピールのため。

まあ当時はネットなどない時代だったので、まさか今のようにこんなに便利な学習スタイルが選択肢に加わるなんて、想像だにしませんでしたね!

続きを読む

【126日目】無敵のすららマスターになるヒント

すらら」とは私も数か月体験した学習教材で、ゲーム感覚で楽しく、定額でいくらでも、何度でもわかるまで繰り返し学習できます。

一応小学生高学年から高校生を対象にしていますが、社会人の学び直しにも最適。

わたしも大人だけど、英会話学習のために英語だけ利用しました。

英語・数学(算数)・国語がもれなくついてくるので、1教科だけやりたい、というわけにはいきませんが、学生さんなら参考書や問題集をアレコレそろえるくらいなら、すらら1本でやったほうがしっかり身につくと思います!

なににしろやる気次第なので、すららに入会したからと言ってまったく学習しなければ1ミリも身になりませんけどね!

やれば必ずやっただけ身につくし、しつこい学習方法なので苦手の克服、つまずいた原因がしっかり学び直せます。

私が中高生の時に「すらら」があればな~~~!絶対やらせてもらってた。

ほんと現代っ子は恵まれてるわ。

ところで私はコツコツ学習することは苦ではないし、すららだったらユニットを着々とクリアしていったり、校内や地域でランキング上位に入ったり、正答率100%になるまでムキになって繰り返し学習するし、性格的に「すらら」は性に合っていると思います。

だから…

f:id:hawotaisetuni:20190503174913j:plain

月のクリアユニット数が60を超えたときに出てきたやつ!

このときは写真の日付が11月26日だったので、月も残すところ数日になって60ユニットにいったことに。

たしかに1ユニットをこなすのはそれほど簡単でサクッと行くことではないですが、1日2~3ユニット目標にすれば届きますね。

ときどき「すららカップ」といって、すらら受講者が学年・年齢の関係なく学習時間を競うイベントもあります。積み重ねた学習時間が「見える」っていうのはやる気アップにつながります!

「無敵のすららマスター」になるには、毎月とりあえず60ユニットはクリアするのが推奨、という感じなのでしょうか?

で?

「すららマスター」って何かな?

すららについて詳しくはこちら!

→ 無学年学習の「すらら」なら予習復習・定期テスト対策・受験対策・不登校生・発達障がいのある方・海外子女の方すべてに!

-PR-

 

【125日目】ん?!すららランキングで1位を獲ったときに見たことない表示が

現在すっかりおさぼりグセがついている英会話学習ですが、始めたときはあと4年くらいあったのに、気づいたら2020年まであと半年とちょっととなってしまいました。

2020年7月24日のオリンピック開催までに英会話習得するはずが!

今まったくペラペラになれる予感がしない!!さぼりすぎ!!

………

ところで私が「すらら」を受講していたのは2017年から2018年だったので、現在は進化しているかもしれません。

だからここで掲載する画面と、今も同じ表示が出るかどうか分かりませんので、「何回やっても出ないんですけど…!」というクレームはなしでお願いします!

2020challenge.hatenablog.comランキングで1位獲ったときの褒めバリエーションはいくつか出ていたのですが、今回発見したのは…

続きを読む

【122日目】続・すららの「1位」に対する褒めバリエーション

Good for you!

Great!

Super!

これらはすべて、インターネット教材「すらら」でランキング1位になったときに送られた誉め言葉でした。

2020challenge.hatenablog.com2020challenge.hatenablog.comまあまあこんなもんでしょ?と思っていたのですが、このあともニュータイプの賛辞をささげられたので一応発表しておこうかなと。

英会話学習に全然関係ないですが、このような小さな楽しみも学習を続けるコツのひとつかもしれません!

個人でやる学習なので、目に見えるナニカ、って欲しいですよね~~~

続きを読む

【105日目】すららの「1位」に対する褒めバリエーション

この時期はCD学習の「30日間英語脳育成プログラム」から(最近はオンラインに移行したようです)、eラーニングの「すらら」へ移行しました。

初歩の初歩から進めていくのはけっこうおもしろかったです。

学習を進めているライバルたちは、たぶん私の半分以下よりもっとずっと下の子供たちがほとんどでしょうが、中高生じゃなくてもやって損はないと思います。

っていうか学び直しには最適な教材だと思います。

私は英語しか手を付けませんでしたが、「すらら」は月額料金で国語と算数(数学)もついてくるのでオトク。逆に外して、1教科から始められてもっと安くしてくれるといいな!

さて、前回すららは勉強量が一目でわかるといいましたが

2020challenge.hatenablog.com地域で何位・校舎内で何位、1位との差はあと何時間、と分かりやすいです。

1位との差が大きすぎると、遅れている気がしてやる気もトーンダウンしそうですが、逆にあともうちょっと!と思うと発奮しますよね?しませんか?

続きを読む

【98日目】すららは勉強量が目で見て分かるのがいい

この当時取り組んでいた「すらら」という教材は、ネットにつないでサイトにログインして学習するe-ラーニングです。

マイページがあるので、自分がどこを学習してどこまで進んで、何が苦手で…などがくっきりわかるようになっています。

その中でも私のような、積み重ね体質に刺さるのが、「学習時間」と「クリアしたユニット数」が目に見えるところですね!

しかもそれぞれランキング形式になっていますので、同じ学習をする仲間?ライバル?たちと結果競い合ってしまいます。

基本的に勉強は一人でするものだし、人がどういうスピードでどこまで進んでいるとか、合計学習時間とかクリアしたユニット数とか、張り合っても全然関係ないんですけどね!

続きを読む

【97日目】「すらら」は今日解いた問題と結果、苦手項目なんかも分かります

30日間英語脳育成プログラム」2周目の学習途中から、試せるチャンスがあったので「すらら」という教材に移行。CD→eラーニングです。

「すらら」は英語だけでなく国語・算数(数学)もできるのですが、私は英語のみ。小中学生から使える教材となっています。

私は英語学習から離れて久しいし、苦手なところもたぶんあるだろうし、英語の基本の「き」であるアルファベットも飛ばさず、中一のカリキュラムから再学習中です。

さすがに100%の正答率でなきゃまずい段階ですが、とうとうやらかしましたよ。

f:id:hawotaisetuni:20190205180117j:plain

かろうじて正答率は平均を上回っていますが…レベルは中一。It is~のあたりです。

ちがっっ…!違うんです!!

ホント言いわけじゃなくて!これを見てもらえれば…!

続きを読む