【84日目】be動詞の疑問文と否定文。雑にやっていたらとうとう。

なんだかんだ言っていま私が「すらら」でやっているところは、中学生英語のだいぶ最初のほう、be動詞ですからね。学生時代8年間英語勉強してきた大人なら、さすがにここらへんはできてアタリマエ、というところなわけで、私も正答率100%の山を築き上げきました。

stage1のLesson3のunit9。ここまでは。

ちなみにbe動詞の疑問文・否定文の学習はこんな感じです。

 

f:id:hawotaisetuni:20171216181637j:plain

 

最初に文章が出ない状態での会話を聞き→英文と訳が書いてある文を見ながら聞き→注目英文をピックアップして→その文法と初めて出てきた単語を学習する。そしてドリルで復習。

という流れです。

このあたりはまだ「This is a pen.」とそう大差ないところですからね!授業態度も雑になってくるというものですよ!

なにしろずっと100%の正答率で来てるしね!!

 

f:id:hawotaisetuni:20171216182120j:plain

 

そしてこのアホな単なる確認ミスという間違いのせいで、正答率100%連勝記録崩壊す。

何を… 書こうと… していたのかは…! 分かってくれると思いますが!!

「すらら」では問題に正解するといちいち「collect!」とか「excellent!」とか言ってくれるのですが、間違えたときはブーーーーってブザーが鳴り「Sorry, No!」って言われます。

正解の時より音量が3割り増しくらい大きくなるのは気のせいか…。

違う!これは実力じゃなくてたんなるうっかりミスで…!!

なんて、AIは聞いてくれませんしおまけもしてくれません。ブー!ですよブーーー!!

間違いは間違い。単語の一文字が多くても少なくても間違いは間違い。

だが逆にそれくらい厳密で厳しいほうが、注意力が足りないあほにはちょうどいいと思います。

ちなみに現在「すらら」では、年内いっぱい入会金無料キャンペーンやってるので、受講を考えている人にはチャンスです。

→ 【すらら】12/31まで!入会金無料キャンペーン実施中

 

-PR-

   

【25日目】story20。あと10日で英語習得できそう?無理じゃね?

と思わざるを得ない回ですね。

story20は「30日間英語脳プログラム」の20日目なわけなので、あと残り10日。残り10日で英語習得、もしくは英語脳習得に黄色信号がともってきました。

しかし27日目あたりで奇跡が起きるかもしれぬ。

諦めずに進んでいきましょう。

続きを読む

【83日目】英語「Stage1」Lesson2のunit6~unit7。行けども行けどもbe動詞。

30日間英語脳育成プログラム 」を1周やり切った後、全然だめだし話せるようにもなっていないので、もう一度イチからやり直し中。

その途中で出合った教材「すらら」。こちらを現在集中的に学習することにして、いったん「英語脳」のほうはお休み中です。

 

なにしろ基本を忘れている。聞き取りができない。単語覚えてない。

なので、中学生英語から徹底的にやり直し中。

この「すらら」という教材は、基本小学生~高校生向けなのですが、それ以上の学生がやっても社会人がやってもかなりやりごたえのある教材です。

続きを読む

【24日目】story19。何度も聞くのがつらい回。

タイトルに入れている【○○日目】っていうのは、2020年の東京オリンピックが開催される1000日前から数えて、の日数です。その日から学習をはじめたので。

現在は2017年12月2日で【132日目】なわけですが、ブログ内容はまだ全然到達していません。リアルタイムでも学習は続けています!

24日目に学習している教材は「30日間英語脳育成プログラム 」の初級編です。

 

f:id:hawotaisetuni:20171202163344j:plain

 

シャドーイングは相変わらずひどい有様です。

何年も(10…15…20…年くらい…?)英語から離れていて、いきなりこの教材を使い始めて19レッスン目です。

耳が全くダメですね!

今回のストーリーは「I'm in imminent danger!!!!!」です。

「imminent」がなんだかさっぱりわからない単語でも、「danger」な雰囲気は伝わってくるタイトルですね。ビックリマークで。

とにかく聞き取りがつらい回でした。

早い…とか、むずかしい…とかではなく、アーとかウーーとかとにかくそういう擬音が多くて、ずっとおっさんのうめき声聞いてる感じの回でした。

ちなみに「all you can eat」って「食べ放題」という意味だそうですが、なるほどという感じです。食べ残しは許されませんね!

あと、トイレを「bathroom」っていうのは、基本トイレとお風呂が別々の日本とは違う文化なんだな~~~とあらためて実感しますね。

 

-PR-

   

【82日目】英語「Stage1」Lesson1のunit4~unit5。be動詞…やたら先が長いのは重要だからと思いたい。

2017/10/13のわたしの「すらら学習」は

◆英語 中学 

"Stage1" "Lesson1" "be動詞の肯定文 “This is” “That is”" "unit5" "英語の文のルール"

"Stage1" "Lesson1" "be動詞の肯定文 “This is” “That is”" "unit4" "This is a strawberry. That is an apple."

とまあ、まだまだ初歩の初歩のうちです。

なので正答率100%であるのは、ここらへんは大人として当然と思いたい。

問題はいつごろから正答率が100%から陥落するか…!

まあ落ちたら落ちたでそのあたりが苦手ポイントなわけなので、この際克服していこうと思っています。

続きを読む

【23日目】story18。オカルト話は嫌いじゃないけれど。

年も終わりが見えてきているというのに、今回はまだ「30日間英語脳育成プログラム 」の1周目、8/15の学習内容です。

 

今回のお題は「It must have been a UFO.」

目の前の話し相手にこういう話を振られたら、どう反応しますか?

私はXファイルみたいなドラマも不思議系も妖怪ものも好きだけど、急に話し相手が「UFO見てさあ…」って言いだしたら「え?」(( ゚Д゚)ハァ?ナニイイダシテンノ)と思ってしまうかも。

ドラマはドラマ、現実は… みたいに、実は心の内で振り分けているのかもしれません。

続きを読む

【81日目】英語「中学 Stage1」Lesson1のunit1~unit3。まだまだThis is ~レベル。

【81日目】は10月12日なのですが、毎日「すらら」をさぼらずこなしているにもかかわらず、【108日目】の本日11月8日もまだステージ1をやっています。

1ステージにみっしりユニットが入っているからです。1ユニットの平均時間は早くて15分ほどです。

ちなみにこんな感じで学習記録は残っています。

 

2017/10/12

◆英語 中学  "Stage1" "Lesson1" "be動詞の肯定文 “This is” “That is”" "unit3" "This is a bone. That is a cat."

総学習時間 13分57秒
詳細 解答時間 平均時間 時間差 問題数 解答数 正解数 正答率 弱点 解答確認
レクチャー 10分40秒 4分55秒 5分45秒 -- -- -- --    
ドリル1 1分17秒 2分23秒 -1分6秒 12問 12問 12問 100%   解答確認
ドリル2 2分0秒 5分11秒 -3分11秒 11問 11問 11問 100%   解答確認
続きを読む